top of page
  • アイワブログ

感想

先日、王とサーカスという本を読みました。

この作品どの様な作品かというと、

ネパール国王および近親者が殺害されるという

「ネパール王族殺人事件」(ナラヤヒンティ王宮事件)

という史実をモデルとした作品です。

そして、作者は「さよなら妖精」を書いた方です。

その作品の登場人物が今作にも一人出て来ます。

気になる方は是非一読して頂きたいと思います。

それでは本作で印象に残った箇所を。

ミステリの部分には触れてませんので安心して

大丈夫です。


「タチアライ。お前はサーカスの座長だ。お前の書くものはサーカスの演し物だ。

我々の王の死は、とっておきのメインイベントというわけだ」

この台詞は本作の登場人物の一人であるラジュスワル准尉に

探偵役でありジャーナリストでもある大刀洗万智が言われた台詞だ。

酷く印象的な台詞だ。

サーカスの演目とは見知らぬ他人の悲劇であり、

それを多くの人へ伝えるジャーナリストは

サーカスの座長であるという事。

そして、本作の題名である王とサーカスの意味が解る瞬間でもある。

最後に彼女がジャーナリストとして、取った行動は?

それは是非読んで確認して欲しいと思います。

K.M

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page